Local Train -普通車-
INDEX ご案内 京急の車輌 撮影地ガイド他社の車輌 ダウンロード 掲示板 リンク

1500形

1500形 編成写真

 都営地下鉄浅草線・京成電鉄・北総開発鉄道(現:北総鉄道)への直通用として1985(S60)年から製造された車輌。乗入れ協定により京浜急行で最初にT型ワンハンドルマスコンを採用した。1988(S63)年採用のアルミ車体、1990(H2)年1700番台で採用のVVVFインバーター制御、スカート、バケット式の座席もこの形式が最初である。その一方で、アルミ車から廃された戸袋窓と前面下部のアンチクライマは最後の採用車となっている。
 2001(H13)年からの更新工事で、内装は新1000形に準じたものに改造され、1700番台に準じたスカート(連結器の穴の下部の形状が丸みを帯びているのに対し、更新車のものは角となっている点が異なる。1700番台も2012(H24)年ごろ交換された。)とKEIKYUマーク・転落防止幌の設置、側灯(後年再度LED化)と尾灯の電球化、サボ受け・妻窓・戸袋窓の撤去等が行われている。界磁チョッパ制御車のIGBT素子VVVFインバータ化、およびそれに伴う6両編成への組み換えが進み、界磁チョッパ制御車は1607編成のVVVF化を最後に8連貫通編成が消滅、直通運用から撤退した。そのほか、6両編成にも電気連結器と自動解結装置が搭載されていたが、2010(H22)年ごろ撤去されている。
 現在、1700番台のみ残る8両は地下直も含む快特・特急・エアポート急行を中心に使用され、朝夕のラッシュ時には同形式・他形式と併結し12両で運転されている、また6両は普通やエアポート急行に、4両は普通車と優等増結用、そして大師線でと全線で幅広い活躍を見せている。

性能諸元
編成4,6,8
最高速度 営業 増圧ブレーキ無
増圧ブレーキ付
設計 界磁チョッパ車
VVVFインバータ車
110km/h
120km/h
120km/h
130km/h
制御装置
 
電動カム軸式界磁チョッパ制御
VVVFインバータ制御
駆動装置撓ミ板式継手
歯車比 チョッパ車
VVVF車
82:15 (5.47)
83:14 (5.93)
モーター チョッパ車
VVVF車
直流複巻電動機 100kw/1460rpm
三相かご形誘導電動機 120kw/1455rpm
起動加速度 チョッパ車
VVVF車
3.3km/h/s
3.5km/h/s
制動装置応荷重装置付き回生ブレーキ併用
全電気指令式電磁直通ブレーキ
減速度4.0km/h/s(常用最大) 4.5km/h/s(非常)

現行編成

8S 8輌×5編成 40輌
M1c
デハ1500
M2
デハ1500
Tu
サハ1500
Ts
サハ1500
M1'
デハ1500
M2'
デハ1500
M1
デハ1500
M2c
デハ1500
1707編成17071708192119221709171017111712
1713編成17131714192319241715171617171718
1719編成17191720190719081721172217231724
1725編成17251726190919101727172817291730
1731編成17311732191319141733173417351736
6S 6輌×13編成 78輌
M1c
デハ1500
M2
デハ1500
Tu'
サハ1500
Ts'
サハ1500
M1'
デハ1500
M2c
デハ1500
1529編成15291530